犬服・機能性ドッグウェア(犬服)のALPHAICON(アルファアイコン)
はじめての方へアルファアイコンとは4つのブランドラインナップ着心地へのごだわり犬種・サイズについて【撥水と防水】特徴とお手入れ

Buddyrider(バディーライダー)

カナダ発の自転車用ペットシート登場!11.5kgまでの愛犬に対応する「Buddyrider(バディライダー)」は、まるでチャイルドシートのように自転車に装着可能です。サドル下に取り付けることができる仕様なので、シティサイクルからスポーツ車まで あらゆる自転車に装着でき、5.5kg以下の小型犬には専用のクッションも用意されています。専用のシートベルトで愛犬を固定できるので、安全面も問題なし。今までの前カゴなどに載せていた方は必見です。
ご購入前に必ずinformationをご確認ください。
送料について 返品・交換について
販売価格(税込): 5,400~21,600
ポイント: 50~200 Pt
  • 種類(Buddyrider):
数量:
information
バリエーション
 
合わせて買いたい
 
カスタマーサポート

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。


無題ドキュメント







###

About | Buddyriderとは

写真

飼い主さんもワンちゃんも安心

カナダ発の自転車用ペットシート登場!11.5kgまでの愛犬に対応する「Buddyrider(バディライダー)」は、まるでチャイルドシートのように自転車に装着可能です。サドル下に取り付けることができる仕様なので、シティサイクルからスポーツ車まで あらゆる自転車に装着でき、5.5kg以下の小型犬には専用のクッションも用意されています。専用のシートベルトで愛犬を固定できるので、安全面も問題なし。今までの前カゴなどに載せていた方は必見です。
※クッション(Buddybooster)は別売りです。
※取り付けできない自転車も一部ございます。
※運転、ペットの安全を保証するものではございません。安全面は十分にお気をつけください。

Point | バディーライダーのポイント

写真

 

運転中もワンちゃんが見える位置にあるので、飼い主さんもワンちゃんも安心です。

写真

 

今までのような不安定で座り心地の悪い前カゴより快適で安心です。

写真

 

Buddyriderは体重11.5キロまでのワンちゃんに対応しています。

写真

 

体重5.5キロ以下の小型犬のための専用クッションも用意されています!

Lineup | ラインナップ

  • 写真

    バディブースター

  • 写真

    バディライダー

写真

取り付け方法

  • 写真

    Buddyrider 取り付け方法

     

  • 写真

     

    ①フロントプラットフォームを上げ、付属のネジとワッシャーでセンターアームを固定しシートを組み立てます。

  • 写真

     

    ②自転車のシートポストに金属バーを取り付けます。取り付けのためにはサドルの下に45ミリ以上シートポストが出ている必要があります。この時、出来るだけ上に取り付けてください。脚が動くスペースが広くなります。

  • 写真

     

    ③ハンドルバーに干渉しない範囲で出来るだけ前にシートを設置します金属バーとシートにペン等でしるしを付けておきます。

  • 写真

     

    ④シートを一旦置き、ピンを抜いて金属バーを取り外します。シートと金属バーを裏返しにして、③で付けたしるしを参考にして4つのネジ穴が合うように置きます。付属の4つのネジとワッシャーを使用して金属バーにシートを固定します。

  • 写真

     

    ⑤クイックリリースピンを使用して自転車に Buddyrider本体を取り付けてください。

写真
写真
写真

セーフティーハーネス - 取り付けと使い方

カペット乗せる際は必ずセーフティハーネスを使用してください。
①. 出来るだけシートの後方にペットを座らせてください。
②. セーフティーハーネスを接続し、ペットの肩に合うようにストラップを調整します。
③. 首輪の下になる位置でセーフティーハーネスを巻き長さを調整します。
④. ペットがお座りした状態またはフロントプラットフォームに手を乗せている状態で、ペットが立たないように前側のストラップの長さを調整します。

このハーネスはチャイルドシートのシートベルトと同様に、ペットが快適で全な位置にいられる範囲で無駄な動きを制限するように設計されています。

◆この製品を使用する前には部品の不足、緩み、割れ等がなく壊れていないか確認してください。また自転車の安全性についても確認してください。
◆乗せるペットの体重とサイズには常に細心の注意をしてください。使用者はペットの体重が変わった時、迅速な是正処置を行う必要があります。
◆取り付け、取り外しの際は気を付けて行ってください。他のペットや交通など危険の無い安全な場所で行ってください。
◆初めは平坦で安全な場所で使用してください。
◆運転者とペットの両方が慣れた場合にのみ走行時間を増やしてください。
◆ペット乗せたまま自転車を放置しないでください。重心が高い位置になりますので、スタンド等を使用して駐輪している場合でも転倒する恐れがあります。
◆使用するときは、あなたのペットが何らかの危険や脅威になり得る事を容認しないでください。
周辺環境や交通ルール・マナーに注意して使用してください。

取り付け出来る自転車

ご使用の自転車に取り付け出来るかどうかは下記のチェックポイントをご確認ください。

まず2つの注意点をご確認ください

1.一般的に女性向けやシティサイクルは乗車する際に跨ぐ事が出来るようにサドルの前のフレームが低く作られていますが、Buddyriderを取り付けた場合、跨げなくなります。サドルの後ろ(後輪の上)を跨いで乗車する事になります。

2.シートポスト(サドルのを支えている棒)にサスペンションが付いている場合は取り付けが出来ません。またスポーツ自転車用などの軽量なシートポストは強度が足りない恐れがあります。その場合、自転車店で適正なものに交換を依頼してください。

写真

サドルを適正な高さに調整しましょう。停車した状態で両足が地面に届く範囲で快適な高さに調整してください。この状態で見えている部分のシートポストを計ります。

  • シートポストの直径は2.54センチ~3.18センチ(1インチ~1-1/4インチ)の間ですか?
  • シートポストの見えている部分は4.5センチ以上ありますか?
  • 次にハンドルとの距離を図ります。
    シートポストとハンドルの付け根までの間隔は48.5センチ以上ありますか?

上記チェック項目が全て当てはまる場合はほぼ取り付け可能です。特殊なフレーム形状の自転車もありますので例外はあります。また乗車姿勢が前傾になるもの(スポーティーな自転車)の場合、Buddyriderが運転の邪魔になる場合があります。

写真 写真 写真

図のようにサドルに対してハンドルが高い場合は
ハンドル下のフレームまでの距離を計ってください。


合わせて読みたい



ご購入前に必ずご確認ください

海外製品の為、製造の過程で付く傷があるものがございます。
機能に問題が生じるものではございませんので、ご了承ください。



お手入れについて
洗濯方法(一般製品)
表示マーク
大切な衣類をより長くご使用いただくために、商品についている洗濯表示マークをご覧いただき、洗濯表示マークに従った洗濯していただくことをおすすめします。
ニット製ウェアについて
ウェアの前立てや袖口にあるマジックテープは、開いた状態で洗濯するとニット製品に引っ掻き傷を作ってしまう恐れがあります。必ず全てを留めてから洗濯を行ってください。
ファスナーについて
海水やプールなどで濡れたまま放置されますとスライダーの腐食を引き起こす原因となります。ご使用後は十分に水洗いし乾燥させてください。
撥水製品のお手入れについて
製品の保管について
製品を長期保管する際は、洗濯をした後、湿気の少ない乾燥した場所に保管してください。 汗や体脂、溶剤、油性ローション、虫除けスプレーが付いたままの状態、そして湿気のある場所での長期保管は防水透湿性シェルのバリヤーなどウェアのさまざまな機能に悪影響を与えます。 製品の機能を一生涯もたせるために保管、メンテナンスの際には以下の点にご注意ください。

●洗濯後に十分に乾燥させてから保管ください。 ●泥やほこり等汚れたまま放置した場合、酸化やカビの原因となります。 ●汗や体脂、溶剤、油性ローション、虫除けスプレーが付いたままにしないでください。 ●定期的にお洗濯ください。 ●透湿性に優れたウェア(レインドッグガード)は、濡れた場所、湿気のある場所に保管しないこと。 ●折りたたんだ状態で長期間強く圧迫しますと、折られた部分のコーティングやラミネートを痛める場合があります。

ご不明な点がございましたら、アルファアイコン・カスタマーサービスグループまでお問い合わせください。
メールでのお問い合わせ:お問い合わせフォームよりお願いいたします。
電話でのお問い合わせ:0120-155-190 営業時間:11:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝日


   
カートへ移動